買取する古本屋「エーブック」の買取日記

名古屋市千種区で医学書を出張買取

2016年08月11日

よく夏枯れと言いますが、実は8月は古本の出張買取のご依頼の多い時期です。

 

というのも、お盆休みで帰省された際に、実家の書棚を片付けよう、置きっぱなしになっている自分の本を片付けてくれと家族に言われたなんてことが多々あるからです。

 

そんな感じで毎日何本かの出張買取のご依頼のお電話を頂きます。

 

先日の印象深い出張買取は名古屋市千種区。

 

持って行きます!とのことでしたが、冊数を聞くと、200冊以上はあるとのこと。

 

それもお電話を頂いたのは女性の方。

 

それは持ってくるの大変ですから、お伺いしますよということでお約束。

 

こちらからお伺いしたということを恐縮されたのか、玄関先に本を用意しておいて頂いただけでなく、扇風機や飲み物、お菓子まで出して頂いた上、帰りに飲んで下さいと凍ったカルピスまで頂いちゃいました。

 

ありがとうございます。

 

本はお嬢様が医師になるために勉強された医学書が200冊ぐらい。

 

自慢の娘さんのようで、薬学の大学を出てから医学部に進んだと教えて頂きました。

 

暑い中でしたが、気持ちのよい汗をかくことができました。

 

2016-08-07 13.17.39-1

 
 
 
名古屋市千種区の古本出張買取のご案内

PAGE TOP