買取する古本屋「エーブック」の買取日記

早い商品化を心がける3つの理由

2018年04月27日

おはようございます!

 

昨夜は息子とスティーブン・スピルバーグ監督の新作「レディプレイヤー1」を109シネマIMAXで観てきました。

 

かなり久しぶりの3Dの上、未体験の迫力の映像で興奮しっぱなしでした。

 

車酔いする方は体調悪くなるかもというほど疾走感。

 

レトロゲーム、AKIRA、ガンダムなどがお好きな方は必見ですよ。

 

 

昨日の業務は買取させて頂いた本、CD、DVD、月曜日の東京中央市で落札した古い少年漫画雑誌を商品化する作業に没頭した一日でした。

 

朝から夜までかけて集中して行ったので、なんとかすべて商品化終了。

 

また本日から、大量の買取もお受けできる状態です。

 

 

エーブックでは早い商品化を心がけています。

 

理由は3つあります。

 

・スペースが空きますので、次の荷物が入ってきても受け入れができるようになります。

 

・資金がまわるため、次の買取の準備となります。

 

・入荷した熱い気持ちで、商品化でき、記憶にも残すことができます。

 

古本屋さんの悪い癖で、せっかく仕入れた荷物を、仕入れただけで満足して、倉庫に置いたままということがよくあります。

 

そうするとスペースも資金も余裕がなくなり、次の買取がお受けできなくなります。

 

入荷した時に感じた商品との出会いの気持ちを持ったまま商品化すれば、その気持ちをそのまま次のお客様にお伝えすることができるのですが、日にちが空いてしまうと、何がよくてこれを仕入れたのかなぁとなってしまい、気持ちが入りません。

 

またこの商売で大切な過去に売買させて頂いた本、CD、DVDの価格やお客様の反応も記憶に残らないことになります。

 

本日も大量の雑誌の買取、明後日には運び出すのに悩ましいほどの量の買取のご予約を頂いております。

 

 

ゴールデンウィーク中も休まず買取させて頂きますので、よろしくお願いします。


PAGE TOP