買取する古本屋「エーブック」の買取日記

グレゴリー・ベイトソン著「精神の生態学」を買取しました

2018年04月17日

グレゴリー・ベイトソンはアメリカの文化人類学、精神医学などの学者です。

 

元々はイギリス出身で、第二次世界大戦中にアメリカに渡ったそうです。

 

父親は遺伝学者のウィリアム・ベイトソン。

後年は自然界の幅広い事象を包括する「マインドのエコロジー」や「メタメッセージ」を提唱しました。

 

グレゴリー・ベイトソンの名著中の名著とされているのが「精神の生態学」です。

 

先日の思想・哲学関係の買取の中の一冊でした。

精神の生態学

 

グレゴリー・ベイトソン著(佐藤良明訳)A5判/720頁 人類学から精神医学まで、各分野を跋渉しながら相互の関係性を問いつめ、一段高い思考を提供しつづけた知の巨人ベイトソンの心のサイエンス。本書=改訂第2版ではベイトソンの実娘キャサリンの12頁に及ぶ濃密な序文を新たに掲載。文献も一層充実。アートディレクション・酒井賢司 イラスト・ネモト円筆

新思索社のホームページによると内容は以上の通り。

 

非常に人気の高い書籍なのですが、出版元の新思索社が2016年7月に破産し、「精神の生態学」は絶版。

 

中古市場の価格はプレミアム価格となっており、買取価格もあがっています。

 

エーブックでは「精神の生態学」をはじめ、精神医学、哲学、思想の書籍を積極的に買取しています。

 

 

 


PAGE TOP