買取する古本屋「エーブック」の買取日記

愛知県豊川市で戦前支那の地図などを出張買取

2017年09月03日

おはようございます!

本日はこの後、TREASURE05X 2017に行くため、ラグーナ蒲郡へ。

不思議なもので、出張買取でもなぜか同じエリアが続くということがあります。

今回も同じで、昨日、ご縁があって豊川市に出張買取に行ってきたところなんですよね。

豊橋市、豊川市、蒲郡市などまで行く出張買取というのは言っても年に数回あるだけ、その他のプライベートな用事でもそんなにあるわけではありません。

なのに二日連続。

動いていることによって、ご縁ができているとしか考えられないんですよね。

 

さて、愛知県豊川市の出張買取のお宅は古くから続く家柄の様子。

1階に並べて頂いた本を見せて頂きながら、話をしていると、これはひいおじいさんが使っていた本だ、それはそのおとうさんのだと歴史があります。

しかし残念ながら、1階に並べて頂いた本は明治時代、大正時代と古いものが多くありますが、現在人気があるところではなく、これではせっかく2階から運びおろして頂いたというのにさほどお値段がつきません。

 

そうこう話をしていますと、二階に本棚があり、古くからあるやつだから、それの買取はできないか?と言われました。

本棚というのはよほどでないかぎり、中古品が買えるということはないため、お断りしたのですが、どんな本棚なんだろうと興味深く、見せて頂くことにしました。

昔ながらの急な階段で2階にあがってご案内して頂いたところ、本棚は傾いでいてとても買取は無理でしたが、そこの引き出しに戦前の絵葉書や地域の古地図、地域で利用されていた時刻表などが出てきまして、これはそこそこのお値段で買取できますよということで、喜んで頂きました。

へぇ、地図の方がいいんだ、じゃあ、よくおじいさんが眺めていた大きな支那の地図があるけれど、あれおばあさんまだあるんじゃないの?と奥から出していただいた地図が、学校、もしかして日本国内ではなく、支那の学校で掲げてあったような支那のエリアの地図で、珍しいものでした。

おかげで嬉しい買取となりました。

他にもディアゴスティーニの赤毛のアンの家が揃ってあるはずということで別の棟を見せて頂きましたが、こちらはとても揃いそうもなかったので、次回ということにさせて頂きました。

 

最後荷物を積み込み、御礼を申し上げた時に、「楽しい時間をありがとう」と家人に言われ、古本の出張買取をそのように捉えれることもなかなかないので、新鮮でした。

こちらこそ、楽しい時間をありがとうございました。

 

買い取りする古本屋エーブックは今日も元気に出張買取中ですっ!

PAGE TOP