買取する古本屋「エーブック」の買取日記

古本屋の仕事は結構面倒なんです

2017年05月20日

おはようございます!

本日は大量買取が午前と午後に2件入っているため、いつも以上にワクワクしています。

 

古本屋という商売は買取させて頂いた本を右から左に流してお金が稼げると思われがちですが、意外と商品化するまでの作業が多いんです。

 

持ち帰ってまずやるのが、選定です。

商品化できる本、できない本。

一冊で売れる本、まとめて売った方が良い本。

そもそも売れる本なのかどうかなどを調べなおしていく作業があります。

まとめて売る本は揃っているのか調べなければなりませんし、付録のあるなし、切り取りのあるなし、状態なども確認していかなければなりません。

 

なかなか自分のところでは売れそうもない、苦手というものに関しては、まとめて業者市場に出品となりますが、それも縛ったり、箱につめたりといった作業が発生します。

 

ネットで売ろうと思えば、商品の撮影が必要ですし、タイトルや内容、状態についての説明書きが必要です。

 

そして売れたら売れたで、お客様との連絡、入金の確認、梱包発送作業が出てきます。

 

リスクもあります。

切り取りがないとお聞きしていた本に切り取りがあったり、全体に古書の相場は下降傾向なため、以前1万円で売った記憶がある本なので、そのつもりで買取させて頂いたら、今は2000円でも売れない本だったということはよくある話です。

逆ももちろんあったりはしますが、全体では値段が落ちているものがほとんどですね。

 

面倒臭がったら、本当にできない仕事だったりしますが、それでも本は好きですし、15年やってもはじめて扱う本というのはいくらであるもので、新しい出会いにドキドキします。

 

さて、今日はどんな本と出会えるのかな。

ではでは、時間ですので、出張買取に行って参ります。

 

買い取りする古本屋エーブックは今日も元気に出張買取中ですっ!

 

 



クリックがランキング投票になります! ご協力お願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村

PAGE TOP